※ポスター写真をクリックすると、PDF画像がダウンロードできます。

第2回甲冑コスプレ世界大会について

一次審査結果発表

このたびは自作甲冑コンテストにご応募いただきまして誠にありがとうございました。

8月1日~9日にかけて、実行委員会にて厳正なる審査を行いました結果、以下の10組の方々が一次審査通過、最終審査出場者となりましたのでお知らせいたします。(順不同、敬称略)


・玄根古野黒乃介[甲冑名:黒龍神具足(黒染蛇皮包桶側胴具足)]

・南町商店街事業協同組合[甲冑名:幸村風南町出陣鎧]

・テンカ トウイツ[甲冑名:豊臣秀吉鎧兜]

・小狐丸[甲冑名:松平容保公甲冑絵写 桃形兜白糸威革包二枚胴具足]

・強風 航[甲冑名:当世具足]

・木暮自動車[甲冑名:車屋の甲冑]

・佐藤さん[甲冑名:フェニックスライダー甲冑]

・K-CUBE[甲冑名:頭巾兜桃染綿帯桶川胴具足(ロリータ甲冑)]

・岩出山観光協会[甲冑名:旧政宗公まつり甲冑]

・中目善行[甲冑名:大崎氏百々氏の城「鶴城」]

以上の10組の方々は、来る9月9日(土)の最終審査にご出場いただきます。



募集要項 (募集要項をクリックすると、ワードデータをご覧いただけます)

<開催趣旨>

【群雄割拠】多くの英雄や実力者たちが各地に勢力を張り、互いに対立して覇を競い合っていること。

群雄割拠と言われた戦国時代から400年余りが経った現在、SNSをはじめとする多くの媒体によって個々人から新たな価値観が発信される状況もまた、群雄割拠と言えるかもしれません。

岩出山(現大崎市岩出山)は、群雄割拠の戦国時代に生きた武将・伊達政宗公が岩出山城を構えて若き日を過ごした場所であります。

この地において、私たちは、現代の世界一かっこいい自作甲冑を着る者を決める大会を開催いたします。

新たな価値観を認め合いつつ、時の戦国武将のように競い合い、お互いを高め合う大会を目指してまいります。

グズグズしてると、置いてくぜっ!

<開催概要>

1.設定部門

   武将部門の1部門となります。

  

2.大会までの流れ

   応募 → 一次審査 → 審査結果発表・通知 → 二次審査
  → 審査結果発表・表彰

(大会当日)

3.審査について

  (1)一次審査(書類審査)

     ① 書類にて審査を行います。所定の応募用紙に必要事項をご記入いただいた上で、甲冑を着用した写真を添付していただき、ご応募いただきます。

     ② 一次審査員は、大会実行委員会委員といたします。

     ③ 送付していただいた書類等につきましては、大会の審査の目的でのみ使用させていただきます。なお、応募書類につきましては、返却いたしません。

     ④ 審査結果につきましては、ホームページ上で発表させていただきます。また、一次審査通過者の皆様につきましては、大会実行委員会より電話にてご連絡いたします。

         募集期間  :2017年7月1日(木)~2017年7月31日(月)(大会事務局必着)

         一次審査  :2017年8月1日(火)~2017年8月9日(水)

         審査結果発表:2017年8月10日(木)

  (2)最終審査(大会当日)

     ① 一次審査通過者の皆様に実際に甲冑を着用していただき、大会会場にてお披露目・アピールをしていただきます。

     ② 最終審査員は、特別審査員及び会場にいる皆さんとなります。

         最終審査日:2017年9月9日(土) 15:00~18:00
         会場:有備館の森公園(
宮城県大崎市岩出山上川原町6

4.応募資格

① 年齢・国籍・性別・現住所は問いません。

② 日本語または英語に対応できること。

③ 最終審査日に作製した甲冑・衣装等を持参し、最終審査会場への来場が可能であること。

5.応募規定

① 甲冑のデザインは、当世具足を原則といたします。

② 甲冑としては最低限、以下の4点が揃っていることを条件とします。

1)兜鉢(かぶとばち、前立を含む)

2)錣(しころ)

3)胴(どう)

4)草摺(くさずり)

③ 作製者と着用する本人は異なっても構いません。よって、既に所蔵されている甲冑を着用していただいて構いません。

※ 当世具足とは、室町時代後期から安土桃山時代に生産された鎧の形式です。

 6.審査基準

   ① 審査基準は、以下の4点を審査の基準といたします。

     1)再現性(史実に基づいた形を忠実に再現しているか)

     2)技術性(高い技術によって作り込まれているか)

     3)デザイン性(革新的なデザイン性が見られるか)

     4)独自性(作成者の独自性が見られるか)

配点は100点満点とし、配点比率は(1)+(2)で30点、(3)+(4)で70点とします。

   

7.応募方法

   ① 一次審査は、書類での応募となります。

   ② 応募用紙は、大会実行委員会までお問い合わせください。

 8.賞品

大賞(1名)  賞金10万円

 9.お問い合わせ先

   甲冑コスプレ世界大会実行委員会事務局

TEL: 0229-72-0020 (9:00-17:00)

Eメール: kacchu.contest@gmail.com

担当: 石崎成治(いしざき じょうじ)

政宗公まつりとは

大崎市岩出山は、政宗公が仙台城へ移る前の12年間、血気盛んな青年時代を過ごした地です。

このように、政宗公にゆかりがある大崎市岩出山で開催されるお祭りが政宗公まつりで、昭和39年、仙台城に鎮座していた「政宗公平和像」が岩出山城跡に移されたことを契機に始められました。

今から約410年前の文禄元年、政宗公が3,000人の兵を率いて岩出山を出発し上洛した様子を再現した武者行列が町内を練り歩き、きらびやかに身を装った騎馬武者隊や甲冑武者隊などの勇壮な様子は、まさに動く戦国絵巻そのものです。

政宗公まつりの武者行列

行列の先頭には、紺地に金の「日の丸」が描かれたのぼり30本を押し立て、足軽たちは三尺もの金のとんがりかさをかぶり、金の星の模様が描かれた黒い漆(うるし)の鎧を身にまとっていました。

騎馬武者は金の半月の模様が描かれた黒い母衣(ほろ)をまとい、黄金の大小の太刀(たち)を装い、ひょうや虎、熊、孔雀が描かれた馬鎧(うまよろい)にまたがっていました。

その奇抜で派手ないでたちは京の都びとを驚かせ、“伊達者(だてもの)”と賞賛の声を誘い、以来、“粋な者”のことを「伊達者(だてもの)」と呼ぶようになったといわれています。

武者行列の様子はギャラリーページにてご覧頂けます。

asd
asd
政宗公まつりに関するお問い合わせは
〒989-6492
宮城県大崎市岩出山字船場21
大崎市岩出山総合支所地域振興課内
政宗公まつり実行委員会事務局まで
TEL:0229-72-1215
asd
asd

TOPページ | 参加者募集 | 甲冑コスプレ世界大会 | 見所 | ご協賛のお願い | ギャラリー
Copyright ©2011 宮城県大崎市岩出山 政宗公まつり協賛会事務所